制作

インターネットを活用

顧客側のアプローチを引き出す広告戦略

制作

一般に、企業が顧客と接する機会にはアウトバウンドとインバウンドという2つの回路があります。このうちアウトバウンドとは訪問営業やテレアポなどによって企業側から顧客に対してアプローチすることをいいます。反対にインバウンドは商品に関する問い合わせやキャンペーンへの応募など、顧客の側から行われるアプローチのことをいいます。 このインバウンドの機会を増やし、さらに顧客獲得につなげる手段のことをインバウンドマーケティングといいます。通常のビジネス一般において有効なマーケティング手法であるのはもちろんですが、近年では特にウェブ上における広告戦略の1つとして重要視されています。ウェブコンサルティング事業者の中にも、インバウンドマーケティング支援サービスを手がけるところが増えてきています。

いかに「見つけてもらう」かを考える

人気サイト等に積極的に広告出稿を行うことをウェブにおけるアウトバウンドとすると、ウェブにおけるインバウンドとはユーザーが自らサイトを訪問してくれることを指します。つまり、「どれだけ見つけてもらいやすくするか」がインバウンドマーケティングの目標となります。ですから、いわゆるSEO対策もインバウンドマーケティングの1つであると言えます。また、SNSにおいて自社の商品やサービスについての情報がなるべく多くの人にシェアされるよう、情報発信の方法を工夫することも重要になります。 インバウンドマーケティングが注目されている理由は、この手法がウェブ時代におけるユーザーの情報行動にマッチしているという点です。ネットワーク上にあふれる情報の中から自分なりの興味をもって主体的に選択した情報ほど、人は積極的な反応を示すものだからです。